縁が深かった

結婚の良かったこと悪かったこと

結婚してからというもの予想外のことが多すぎ。なんせ家族になりますから、喜びも苦しみ分かち合う仲、そんな結婚してから良かったこと、悪かったことを教えたいと思います。

新しい家族と縁

読了までの目安時間:約 2分

明るい式場

三年前から付き合ってきた彼女とようやく一緒になれて新しい生活が始まり、結婚して一年、ようやく欲しかった子供も生まれました。

男の子でしたら妻が、女の子でしたら私が名前を決めるという決め事をしており、妊娠6か月目で性別が女の子とわかったので名前は私が決めることになり、呼び名の候補を10通り程考えて決めることにしました。女の子でしたら私が名前を決める事になっていましたが、妻にも候補を挙げた名前の感想を聞きながら決めていき、出産予定日が近くなってきました。

呼び名は決まりましたが、漢字の方がなかなか決まらず四苦八苦していた時、妻が当て字の名前を提案をしてきました。はじめは気が進まなかったのですが、妻はいざというときに鋭い感性を出す女性で私はその宛当て字にしようと了承しました。

実はこの当て字には私自身びっくりするほど心が穏やかになれました。女の子が無事生まれて、親族、親戚周りにも連絡を入れていき、私の父のお姉さんに名前と漢字を伝えたところ、「なくなった父の名前がそっくりそのまま入ってるね」と言われびっくりしました。どうやら私の親族はみんな気づいていたようで私だけが気づいてなかったようです。

しばらくして妻にこのことを話すと、実は当て名を考えたのは妻のお姉さんだったということに驚いてます。私の誕生日は母と一緒でさらに妻の両親の結婚記念日ということにも驚いています。縁が深かったんだと感じました。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー