元気な我が子を産んであげたい

結婚の良かったこと悪かったこと

結婚してからというもの予想外のことが多すぎ。なんせ家族になりますから、喜びも苦しみ分かち合う仲、そんな結婚してから良かったこと、悪かったことを教えたいと思います。

二度の流産の末

読了までの目安時間:約 2分

カヌーがあるビーチ

結婚して4年目、2歳になったばかりの息子がいます。

結婚当初、一度妊娠したものの「胞状奇胎」という約500人の確率で起こる病気を患い、流産しました。妊娠=出産と思っていた当時、私も旦那もひどく憔悴しきったのを覚えています。その病気は経過観察のため半年~1年は妊娠してはいけないとされていたので、焦ってばかりいました。

妊娠の許可がおりてからすぐ息子を授かり、今度は無事に出産。しかし分娩後、癒着胎盤を引き起こし致死量の出血をしてしまいました。なんとか一命を取り留めましたが、出産とはまさに命がけなのだなと思い知らされます。

それから1年半後、再び妊娠。いつまでも赤ちゃんが見えず、切迫流産の末、完全流産となってしまいました。どうして私ばかりが…と思い悩む毎日を過ごします。19歳で結婚したのに、これまで3度の妊娠で安心・安全な出産なんて一度もなかったのですから。若いから次があるなんて言われても、現実には流産してるんだと落ち込むばかりでした。

しかし「子育てって結構大変だから、もう諦めよっ」と気楽に考えた瞬間、お腹のあたりがふっと楽になったのです。もちろん本心ではありませんがそう思うようにした翌月、妊娠。震え上がるほど嬉しかったです。現在11週、お腹の中ですくすくと育ってくれています。諦めないでいてよかったと心から思いますし、絶対に元気な我が子を産んであげたいです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー